「がんの代替医療における有効症例の調査研究」への協力依頼

株式会社三旺インターナショナルでは、厚生労働省がん研究開発費「がんの代替医療の科学的検証に関する研究」班(主任研究者:山下素弘、四国がんセンター)による、代替医療の安全性や有効性を明らかにするための研究に対して協力してまいりたいと思います。
つきましては、本研究における皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
以下説明文章抜粋
全文は下記よりご閲覧ください。
2_expianation

はじめに
 厚生労働省がん研究開発費「がんの代替医療の科学的検証に関する研究」班では、健康食品などをはじめとした民間療法(以下、「代替医療(だいたいいりょう)」と言います)に関して、安全性と有効性を検証する研究に取り組んでいます。
 現在、情報技術の発達によって、がん患者さんやその家族の方々は、がんの代替医療に関する情報を、大量に目にしたり耳にしたりしています。しかし、その情報の信憑性や正確性については不確実であるのが現状です。そこで、今回、それらの情報について第三者的立場で厳密に審査する取り組みを計画しました。今回の取り組みは、診療録等診療情報を収集・集計して行う観察研究(臨床の場における疫学研究)となりますが、代替医療が有効であったと推測される患者さんの臨床情報を取り扱いますので、情報の保護に関して、十分に留意して研究を行います。
 今回の研究の内容について、本説明文書をよくお読みいただき、十分に理解された上で、この研究に参加するかどうかを患者さん自身の自由な意志で決定して頂きたいと思います。

1.あなたの病気(悪性腫瘍=がん)について
 がんは、外科的には切除、内科的には抗がん剤療法や放射線療法で治療されています。そして、その手術や抗がん剤療法・放射線療法は、科学的な根拠に基づいた西洋医学を基本とした、がんの治療方法として最も有効な治療法です。
 しかし、これらの治療をもってしても、全ての患者さんが完全に治る(治癒)わけではありません。また、がんの治療中に副作用に悩まされたり、がんが進行して有効な治療法の選択肢が限られてしまったりする患者さんもおられます。一方、治療が無事に終了した後に、再発の不安にさいなまれている患者さんも多くいらっしゃいます。
 そのようななか、がん患者さんの多くが、さまざまな代替医療を利用している実態も明らかとなっています。しかし、これらの治療法の有効性や安全性に関する正確な医学情報は乏しく、患者さんは、代替療法の信頼性に不安を抱えたまま利用していることが問題点として指摘されています。
 そのため、厚生労働省がん研究開発費「がんの代替医療の科学的検証に関する研究」班(主任研究者:山下素弘、四国がんセンター)では、代替医療の安全性や有効性を明らかにするために、新たな研究に取り組むことになりました。

2.当該研究の目的・意義
 代替医療の有効性に関する情報の多くに、「経験談・体験談」といわれるものがあります。「経験談・体験談」は、具体的で説得力があるように感じるかもしれませんが、以下のような欠点があります。
 ■経験談は自分が経験したことを思い出しながら書きます。そうすると思い
  違いや重要なことを忘れてしまっている可能性があります。
 ■経験談を書いている人は、もしかしたら抗がん剤治療や放射線治療も受け
  ているかもしれません。
 ■たまたま偶然効果があった人が経験談を書いていて、効果のなかった人が
  何人ぐらいいるのか、経験談からはまったく分かりません。
 ■悪質なケースでは、実際には経験していな他人(ゴーストライターなど)
  が経験談を作り上げていたという事例もあります。
 ですから、経験談・体験談を目にした時は、このようなことを念頭において情報としては参考程度にとどめておくべきものになります。
 では、最終的に代替医療が有効であったのかどうかを証明するにはどうしたら良いのでしょうか。
 その答えは、「臨床試験」を実施することです。「臨床試験」では、経験談や体験談にあるような欠点を解決するために緻密な計画のもと医師の管理下で医学的見地から検証が行われます。さらにそれを学術論文として発表する場合には、第三者的な立場の専門家から客観的な批評を受けて評価に堪えうるもののみが公表されていきます。
 しかし、「臨床試験」を行うためには、ある治療法が有効である可能性を示唆する基礎資料として、細胞や動物を使った実験やヒトでの「症例報告(患者さんの診療記録をもとに、その治療経過などを詳細に検証し、ある治療法が有効であった可能性について言及する研究)」などの情報が必要になります。
 そこで、当研究班では、今後、代替医療の有効性を検証するために「臨床試験」を行うための重要な基礎資料として、代替医療が有効であったと推測されるがん患者さんの臨床情報を、第三者的立場で厳密に審査を行い、その情報を蓄積していく取り組みを計画しました。この取り組みで蓄積される情報は、「症例報告」と同程度の貴重な情報になり、今後、「臨床試験」を行う際に重要な情報となります。
 今回、あなたが研究の対象者として選ばれたのは、以下の条件を満たしているからになります。
  ・がんと診断され、且つその病名を告知されていること
  ・代替医療単独で治療効果を認めたと推測されていること
  ・第三者からこの研究への参加を強要されていないこと
 尚、この研究へ参加するにあたって、年齢、性別、がんの種類は問いません。

カテゴリー: 最新情報, ニュースリリース   パーマリンク

コメントは受け付けていません。