放射線によるバイオ・ノーマライザーへの影響はありません。

福島原発事故のの影響により、福島県は県内全域の農家に牛の原乳と露地物野菜の出荷を自粛するよう要請しました。このニュースは海外も配信され、放射能汚染への懸念が高まっているようです。
韓国、香港、シンガポール、フィリピン、マレーシアでは日本からの輸入食品に対して放射線検査の措置が講じることになりそうで、「バイオ・ノーマライザーは影響を受けているのかどうか確認してください。(マレーシアより)」といったお問い合わせがあります。
三旺インターナショナルがある岐阜県から、福島原子力発電所迄は600km以上離れており被爆の危険性はなく、本社倉庫の厳重な温度管理のもと保管されておりますので外部被爆の心配はありません。また、バイオ・ノーマライザーの原料である青パパイヤは、フィリピン工場製造されておりますので、どうかご安心ください。

 

カテゴリー: 東日本大震災関連, ニュースリリース   パーマリンク

コメントは受け付けていません。